<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018年11月18日(日) 西の浜クリーンアップ活動

11月18日(日)  263回目の西の浜クリーンアップ活動。先月の活動 と同じように、今回の活動場所の浜  にも大量の流木とゴミがあった。大きなゴミは無いが、さまざまな色のプラスチックごみが目に付いた。今回の活動には、豊橋みなと塾のみなさんが例年のように参加してくれた。また、時習館高校生物部の生徒が6人、+先生で参加してくれた。

流木と一緒に流れ着いている葦などの小さな木切れの中には小さなゴミやビニルが紛れ込んでいる。ドリームの会の女子2人はずーっとその中のゴミを取り続けてくれていた。

 どうしても大きな目立つゴミに目がいき、足元に小さなゴミが残っていても移動してしまうのは仕方がない。ゴミの中には、食品トレイがあり、裏側のシールを見ると製造販売は愛知県みよし市の会社だった。 また、よい子は川に入らない という看板があった。残念ながら、地名が入っていなくてどこから来たものかわからない。さらには、袋いっぱいにゴミが入ったままのボランティア活動用ゴミ袋があった。下の方を見ると、  南知多町とあった。南知多では通常のゴミとボランティア活動で集めたゴミと区別をしているようだ。最近のニュースでマイクロプラスチックの話題が広がっていることから、浜にある微小のプラスチックごみを探してみた。ちょっと捌いただけで、すぐにいくつもの破片が見つかった。浜全体で調査をすれば、大変な量になるだろう。

  活動が終わってから、時習館高校生物部の生徒による紙芝居を見せてもらった。半月ほど前に、生物部の活動のことを亀の子隊の子たちにも伝えたいということで担当の先生から話があり、元隊員のことの話で紙芝居という形にしてもらった。

 生徒たちが描いたイラストにセリフを自分たちで考えてきたようである。赤潮の発生に関する調査を基にした筋立てになっていたが、隊員をはじめ、ドリームの会の中学生やみなと塾のみなさんも真剣に聞き入っていた。今後、時習館高校と何かコラボできたらいいなぁと思う。

  すべての活動が終了し、ほぼ解散しかけたところに、スナメリが打ち上げられているという情報が入った。活動場所から100Mほど伊良湖よりのところだ。急いで見に行くと、波打ち際に体が半分砂に埋まった状態のスナメリを発見。打ち上げられてどれくらいたっているのだろうか。今回、道具にスコップがなく、埋めてやることはできなかった。

 この辺りもゴミは多い。来月はここを活動場所にし、埋めてやろうと思う。波にさらわれていなければ。

ゴミの総重量  190K

参加者数     46人

亀の子隊員・親亀・賛助隊員

        11人

キャップの数   361個

suzuki * クリーンアップ活動 * 18:07 * comments(0) * trackbacks(0)

2018年11月3日(土)   海の環境を学ぶ会〜タッチングプールの活動

11月3日(土)   海の環境を学ぶ会〜タッチングプール。昨年は、クリーンアップ活動とともに雨天中止と  なった。今年は、10月いっぱいはキャンプ場の利用は一般客が優先ということで、11月に変更して実施した。急遽ということで、この日にしたが、市内では文化祭やら市民館まつりなどがあり、例年よりも参加者は少なかった。9組28人。

 参加者全員が集まったところで、漁師さんがトラックからバットに魚を入れていくと、歓声が上がった。五つのバットに魚が入るたびに、「わぁー、大きい」、「わぁー、跳ねたー」そして、小さなサメがいるのを見つけると、テンションはさらに上がった。

全部の魚が入った後は、漁師さんから魚の説明をしてもらった。「この魚は今がおいしい」とか「これは煮物が  いいねぇ」とか、名前と一緒に特徴やどうやって食べるといいかなどユーモアを交えて子どもたちを相手に話をしてくれるのでありがたい。15分か20分くらいで話が終わり、料理が待ち遠しい感じになった。料理人は、10月の予定から日が変わったことにより、2人が参加できないことになり、新たな助っ人を一人加えて4人、プラス事務局2人の6人で対応してもらうことになった。

まずは、大きなクロダイを捌いて刺身にしてもらった。一皿、二皿、三皿とだされた刺身があっと言う間に無くなっていく。そうこうしているうちに、小さなタイの塩焼きができた。そして、クロダイの荒の煮つけもできた。

  捌いてくれる人たちには申し訳ないが、参加者はどんどん食べてくれた。切り身のカレー味のソテーも大人気。5分も経たないうちに皿の上はきれいになった。

12時少し前から始まって、2時ころには終了。参加者はみんな満足そうだった。集合写真を撮った後、最後 に、残った魚を持って帰るのだが、今回も漁師さんの計らいで魚市場までわざわざ持ちにってくれた発泡スチロー  の箱を1家族にひとつ渡した。

驚くほどの量を持って帰る参加者もあり、大丈夫かと心配してしまう。それでも、家に帰っておいしく食べてもらいながら、活動を想い出すと同時にきれいな海の大切さについて話題になればいいかぁ。

 

 

 

 

 

 

 

11月4日(日)   エコツアー〜渥美を学び渥美を食べよう!「BBQを食べながら塩をつくろう」は雨のため、中止。

suzuki * クリーンアップ活動 * 17:40 * comments(0) * trackbacks(0)

2018年10月28日(日)  田原市民まつりにブース出展の活動

10月28日(日)   田原市民まつりにブース出展。4回目となる「南三陸町チャリティ物産展」。今年も親亀さ  たちの協力の中で無事に終わることができた。

 4回目ということで、楽しみにしてくれている人もいるようだということで、今年は昨年よりも物産購入金額を上げた。

 前日、一つの商店から商品が時間になっても届かないというハプニングがあったが、商店の協力もあり、イベント午後には商品が届き、1時間半ほどでほかの商品と合わせて完売することができた。

 商品は、海産物の加工品だが、いくつもの商店が競い合いながら作っているだけあって、どの品物もはずれがない。来年は早く完売した商品を中心に、もう少し購入金額を上げてもいいかもしれない。

 毎年、支援活動のパネルを展示しているが、今年は中に 入って見てくれる人が多かった。当時の様子やバス代が上がって、支援に行けないことなどの話をした。中には現地に行ったことがある人や、なかなか行けなくてという  人もいる。

この数年、特に今年は自然災害が全国で多く発生し、7年以上たつ東日本大震災の話題が出なくなっていただけに、多くの人が忘れていないということがわかってよかったと思う。報告を兼ねて写真を送った。現地にも伝わっ

ただろう。

suzuki * クリーンアップ活動 * 17:22 * comments(0) * trackbacks(0)

2018年10月26日(金)  第50回中日教育賞授賞式の活動

10月26日(金)  第50回中日教育賞授賞式。活動を始めたころにたくさんの誹謗中傷を受けていたことを  考えれば夢のようなことである。

地域の支局からの推薦で中日新聞本社が審査し、受賞者を決定するというシステムらしい。その経過の中では、教育賞ということで、県の教育委員会経由で田原市の教育委員会にも問い合わせが来たということを、教育長を表敬訪問して知った。

 新聞にも掲載され、周辺からの反響はそれなりにあり、うれしさが大きくなっていくのを感じた。しかし、ここまで活動を続けてこられたのは、やはり、活動を理解し、支えてくれた人たちがいたこと。特に初期のころの様々なバッシングを受けていたころの応援は心の支えであったことは間違いない。加えて、ともに活動をしてくれえてきた人たちがいたことも大きな要因である。隊員、それを支える親亀さん。さらには、もう何年も毎年活動に参加してくれている企業のみなさんもいる。そうした大勢の人たちに感謝である。

 そして、これは亀の子隊の活動が認められたということである。これまでもいろいろ考えてきたが、継続していくための手だてを考えたい。

suzuki * クリーンアップ活動 * 17:14 * comments(0) * trackbacks(0)

2018年10月14日の西の浜クリーンアップ活動

10月14日(日)  262回目の西の浜クリーンアップ活動。今回は、豊橋河川事務所が事務局となっている「川と海のクリーン大作戦」また、「全国ふるさと清掃運動会」に連動して行った。どれだけの人が結果を見るかわからないが、亀の子隊の活動を知ってもらい、思いを広げるには大切な活動である。

10月1日の台風25号の影響で浜は流木とゴミでいっぱいだった。7月の台風は南風が強く吹き、大潮に乗った浜のゴミは海に流されていき、9月まで浜にはゴミが少ない状態が続いていた。しかし、いつもの西の浜に戻っ という感じである。

流木については、台風直後に浜の管理者である県農林水産事務所や市農政課、また三河港湾事務所などに処理お願いした。しかし、県としては予算の都合で業者を使っての焼却作業はできないということで、この日、市の職員が数人来て流木を山にして集め、後日、焼却するということだった。本来なら、参加者全員でできるとよかった  のだが、人工物が多すぎてそこまで手が回らなかった。

今回の活動参加者は、三河港湾事務所が所長さん以下数名の参加に加えて、ドリームの会からも多くの参加者がいたり、田原・豊橋で働くフィリピン人の若者たちが12人も参加してくれたりした。活動中も明るく、陽気な彼らの動きは見ていてうれしくなる。

  ゴミに中には久しぶりに注射器が見つかったり、小牧市の看板が見つかったりした。7月に尾張岐阜の方で豪雨が続いたことで川から海へ流れ出ているゴミが台風の西風で西の浜までやってきたのだろう。これから西風が強くなる季節。まだまだ、ゴミは打ち上げられるだろうけれど、海がきれいになる季節でもある。海は遠慮なくゴミを吐き出せばいいと思う。

 ゴミの総重量  330K

参加者数      63人

亀の子隊員・親亀・賛助隊員 8人

キャップの数  458個

 

suzuki * クリーンアップ活動 * 17:50 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ