<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

亀の子クラブNo.224

 前日からの予報は見事に当たってしっかり雨。例年は、冷たく厳しい季節風の中での活動がほとんどでした。雪の日もありました。

 それが、今年は雨。暖かい証拠です。 雨天でも活動場所に来る人もいるということがあるので、西の浜に行っ    てみると、カラスが集まっていました。浜に降りていくと、案の定スナメリの死体がありました。先月の活動が終わって見に来た時もありました。スナメリたちが 心配です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 新城市文化会館で行われた東三河ボランティア集会に参加しました。この集会では、隊員たちの活動発表をします。大勢の観客の前で、大きな声で発表できました。『きれいな海を守りたい』という亀の子隊の思いを多くの人が受け取ってくれたと思っています。

 このように亀の子隊の思いを伝える活動は、亀の子隊の活動の3本柱の一つです。

 今年は、愛知県からの声掛けも増え、いくつかのイベントに参加してブース出展をしてきました。本当は子どもたちがブースに居て、活動を紹介できることがいいのですが、場所が遠く実現できていません。亀の子隊の活動を知ってもらうことは、海の田哀切さを知ってもらうことです。隊員の子どもたちの思いをしっかり伝えられるように、これからもいろいろなイベントに参加します。

suzuki * 亀の子クラブ * 12:02 * comments(0) * -

亀の子クラブ No.223

気温8度。しかし、そんなに冷たくなく、この季節にしては、活動日よりでした。

 活動場所は、12月の活動場所の南側でした。先月見に来た時よりも、浜のゴミは少なくなっていました。しか し、植物の上にあがるとそれなりのゴミが広がっていました。海からの強い風で飛ばされたのでしょう。

 参加者は、植物の間に隠れているペットボトルやガラス瓶、小さくなったプラスチックゴミを、いつものように 丁寧に拾い集めてくれました。

 今年から隊員となった小さな隊員たちも何回目かの活動ということで慣れてきた様子で、ゴミを集めていました。 ゴミは大きなものはなく、ペットボトルとガラス瓶、プラスチック片の欠片などがほとんどでした。キャスターがついた衣装ケースの一部もありました。意外と多かったのはライターです。いつから浜にあったものなの か。驚いたのは、「給料」と書かれた紙袋です。それも束になって埋まっていました。これもいつから浜にあるのかわかりませんが、傷み具合からすればそんなに長い期間ではなさそうです。

 何といってもこの季節は、北西の風が強く吹き、夏から秋にかけて海に流れ出たゴミ、今まで海の中を漂ってい たゴミが西の浜に打ち上げられます。それは、海がきれいになるということです。何らかの要因で人間のゴミが海を汚しているのですから、海はそのゴミを吐き出せばよいと、いつも思います。

 今回の活動には、岡崎市や豊田市、岩倉市からの参加者がありました。うれしいことです。4月からの参加者数 が1,008人となりました。3月末までに、あと3回の活動があります。1,100人に届くでしょうか。

            

 

 

 

suzuki * 亀の子クラブ * 11:47 * comments(0) * -

亀の子クラブ No.222

気温8度。冷たい北西の強い風が体感温度を下げます。活動場所となった浜は、5月以来です。10月の台風の後も来ることはできず、たくさんのゴミが打ち上げられていました。

目に付いたのは、波打ち際にあった大きな網。引っ張り上げようとしましたが、中にはたくさんの砂利がびっしり詰まっていてびくとも動きません。また、浜崖のすぐ下にも、かなり深く埋まっているのか引っ張ても、やはりび  くともしない網が埋まっていました。

 さらに、波打ち際から数メートルのところに埋まっていたの は、鉄材と一緒になっている網でした。どれも処理できず、残念でした。

 今回目立ったのはガラス瓶です。ペットボトルと違って海に浮かない瓶は、海底に沈んでいます。それが、海が  荒れ、海底から浮き上がり、浜へ打ち上げらるのでしょう。いったん上がってしまえば、波の力で浜の奥の方へ飛ばされます。

  錆びた子供用の自転車もありました。いつから海にあったのか、いつ浜に打ち上げられたのか。こうした漂着物を見ると、海の中を想像し、残念な思いになります。意図的に捨てられたものは少ないと信じますが、大雨があっても台風があっても、もっと注意して、海や川に流れ出ないようにしてもらえば、海ゴミは減るだろうなぁと思います。

  何といっても、この季節、海は荒れ、たくさんのゴミを吐き出します。海がきれいになろうとする季節です。この季節だからこそ、大勢の人に海がきれいになることに力を貸してほしいと思います。隊員の子どもたちも楽しく活動しています。

suzuki * 亀の子クラブ * 11:37 * comments(0) * -

2020年2月27日 SDGsあいち シンポジウムの活動

2月27日(木)     愛知県SDGsシンポジウムが名古屋ウィンクあいちで開かれた。新コロナウイルスの感染 が広がり、開催が危ぶまれたが、内容を短縮して実施された。

 そこに、パネリストとして事務局が呼ばれ、亀の子隊の活動を紹介することができた。わずか、5分だが、外でのイベントではブースに来てくれる人は20〜30人ということを考えれば、一度に400〜500人の人に亀の子隊のことを知ってもらえたということは、『きれいな海を守る心を広げるためのプロジェクト』を進めるうえでは大きなイベントだった。

 亀の子隊に関心をもってくれる人が増えることを期待したい。

suzuki * クリーンアップ活動 * 11:22 * comments(0) * -

2020年2月16日の西の浜クリーンアップ活動

2月16日(日)   西の浜クリーンアップ活動。雨天中止。この季節に雨 天中止となるとは、信じられない。かつて は爆弾低気圧で、強風で砂が飛んで大変、ということがあった。

現場に行くとカラスが群れていた。もしかしてと浜に降りていくと案の定スナメリの死体があった。半分ほど砂に埋もれていた。

  1月の活動の次の日に活動場所を決めようとここに来た時にもスナメリの死体があった。それは、打ちあがって間もない感じで鳥がつついて出た血がまだ乾いていなかった。

 12月までは、見られなかったスナメリの下が続いている。海は大丈夫か。

suzuki * クリーンアップ活動 * 11:18 * comments(0) * -
このページの先頭へ