<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

亀の子クラブ No.216

  6月1日は、環境省と日本財団がすすめてい「海ゴミゼロウィーク」に参加するということで特別活動を組みました。隊員以外の参加者は豊川からバイクで来てくれた人。すばらしい。

 

 

  6月9日は、トヨタ紡織さん参加の特別活動です。

 

 

 紡織さんは2006年1月からの参加で、今回で1年目の参加です。社員のみなさんの中には、家族連れで参加してくれる人も多くいました。雨の中での活動でしたが、嫌な顔一つせず、たくさんのゴミを拾ってくれました。また、飛躍の会というところから、何か活動に役に立つものを寄付してくれるということで、アルミのスコップを4本いただきました。また、のぼり旗(現在注文中)も、10本寄付していただきます。海の日の活動にはこののぼり旗が立つことでしょう。

 

 

 

 

 6月16日は、定期の活動でした。活動終了後にある「海の環境を学ぶ会〜栽培漁業センター」に参加するという親子も参加してくれました。前日の雨の吹き返しがものすごく、横断旗は立てられませんでした。ちょっと油断すると、ゴミ袋を風に持っていかれそうでした。

 

そんなものすごい風の中、子どもたちが頑張りました。

    

 

 

 

 

suzuki * 亀の子クラブ * 20:23 * comments(0) * trackbacks(0)

亀の子クラブ No.215

             朝方の激しい雨で心配しました。無事に活動できました。隊員が増え、どちらを見ても隊員の姿を見ることができます。その隊員たちが、一生懸命活動している姿を見ると嬉しくなります。特に保育園や低学年子が大きなゴミ袋を抱えている姿は心が温かくなります。

   

     親亀さんたちも、子どもと一緒に活動したり、一人でどんどん活動したりしてくれています。家に帰ってから「今日のゴミは・・・・」とか「今日の西の浜は・・・・・」

という会話が弾んでほしいですね。

 

 ドリームの会からの毎月参加者がいます。登録しても来ない子もいますが、数人は、続けてきてくれています。隊員の見本になるような活動を毎回期待しています。

 こうした活動に参加することで、子どもたちの心に、「きれいな海を守りたい」という思いは自然に育つといいなぁ、思っています。そして、全国で多くの人たちがすすめているように、いろいろな自然体験をして、海をはじめ、山や川などふるさとの自然をよりよくするための活動をすすめられるようになってほしいなぁと思います。

suzuki * 亀の子クラブ * 17:58 * comments(0) * trackbacks(0)

亀の子クラブNo.214

 

 「西の浜はゴミ箱じゃない!」と何度もコールしました。

 テレビ愛知が、日本財団がすすめる「海 日本プロジェクト」のCMをつくるということで撮影に来ました。活動風景を撮影した後、最後に参加者全員で「西の浜はゴミ箱じゃない!」とコールしました。CMは、100回以上流れるそうです。亀の子隊を知ってもらう機会になることを期待したいですね。

  本年度、亀の子隊に入隊してくれた子が増えました。親亀さんも増えました。この数年、少しずつ減っていたので、とてもうれしいですね。子どもたちの海をきれいにしようという思いと力が高まり、亀の子隊の活動がさらによりよくなっていくでしょう。

 この4月の活動に大勢の参加があり、新しい年がスタートしました。新たに入隊した隊員や親亀さんたちは、ゴミの多さに驚くとともに、活動終了 後にはきれいになった浜を見て充実感を味わってくれたようです。

 そうなんです。活動をした後の浜は、見事に人工ゴミの色が消えます。活動してよかったなぁと思います。海も喜んでくれているんだろうと思っています。こうした思いを、もっともっと多くの人と共有したいなあと思います。

suzuki * 亀の子クラブ * 20:53 * comments(0) * trackbacks(0)

亀の子クラブNo.213

    暖かく風もない日でした。久しぶりに横断旗も設置できました。

 新たな隊員も参加し、浜には子供たちの姿が多くありました。この子たちが、慣れてきてしっかり活動できるようになると、大きな大きな力になります。

 今回の場所も浜にはたくさんのゴミがありました。それでも、参加者のみなさんが、よく活動してくれたおかげで活動終了後には、人工物の色はほとんどなくなりました。毎回 そうですが、大勢の人の力はすごいですね。

   

 

 

 

 

 

 亀の子隊の活動発表時に以下のような言葉で訴えます。

特別なことは何もしません。

必要以上に森を切らずに  森を守ることが、

森の生き物たちを守ることになるように、

川や海を汚さないことが  

海の生き物を守ることなのだと 信じています。

森や  川や  海は、 

私たちに多くの命を与えてくれます。 

そんな 森や川や海を 

私たちは守っていかなければならないのです。

 

2019年度もよろしくお願いします。

 

西の浜クリーンアップ活動  参加者696人

              集めたゴミの総重量3010Kg    

              キャップの数3,010個

海の環境を学ぶ会      活動7回  参加者244人

 

  参加してくれたみなさん、ありがとうございました。

suzuki * 亀の子クラブ * 22:02 * comments(0) * trackbacks(0)

亀の子クラブNo.212

   温かそうな海の色。浜に降りると、冷たい北西の風が強く吹いていました。横断旗は立てられません。

左右の浜を見渡すと、やはり多くのゴミです。大きなものはありませんが、いろいろなものが目に付きます。ペットボトル、発泡スチロール、ビニル、プラスチック片などに混じって、靴、サンダル、オモチャ、洗剤の容器、バ ケツ、など、いわゆる家庭ゴミが目に付きます。ひどく傷んでいるものもあれば、まだ新しそうなものもあります。いつ打ち上げられたものかわかりませんが、夏から秋にかけて海に流れ出たものが、西の浜にたどり着いているということです。

2月3日(日) 田原文化会館で「東三河ボランティア集会」が開かれました。活動発表とパネル展示をしました。ステージでは、年中の園児から5年生の隊員たち10人が元気に上手に活動発表をしました。

ふるさとの海は好きですか と訴える子どもたちの声は届いたでしょうか?

2月16日(土) 名古屋みなとららぽーとで開かれた「なごや環境大学オープン講座〜なごやのみらい Open Together」に出展しました。ワークショップとして用意した「海の生き物立体お面」は37体、全部終わりました。今回は部品にして用意していったので組み立てる作業ですが、子どもたちは楽しんで作っていました。

 伊勢湾上流域から流れ寄る西の浜のゴミのことを知らせるために展示した地図やゴミのパネルには20人ほどの人が立ち寄って話を聞いてくれました。

suzuki * 亀の子クラブ * 16:55 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ