<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

亀の子クラブNo.206

 

 

 

 

今回の活動には、地元中学校のボランティアクラブ「ドリームの会」から32人の参加がありました。また、2010年から参加してくれている田原市保護司会の人たちが今年も来てくれました。

 浜は、先回の台風が南風だったこともあり、いつもよりも少ないゴミでした。それでも、植物の中には、いつ飛ばされたかわからないペットボトルなどがたくさんありました。今回集めたキャップの数は、679個。そうしたゴミの中には、「多治見市」の看板もありました。大雨で流れ出たのでしょう。

 数年前には、土岐市のコンテナも見つかっています。土岐川〜庄内川を通って伊勢湾に出たものが西の浜まで来るということです。

 今回は、ウィスキーのビンなども見つかりました。意図的に捨てなければ、普通は漂着ゴミにはならないものです。きれいな海を守る心を広げたいですね。

 

7月29日予定したスノーケリングが台風で延期になりました。延期したにもかかわら ず、体験者は27人、参観の保護者や弟妹などを入れると43人になりました。延期をしたために例年来てもらっていた講師さんが来れなくなりましたが、なんと、インストラクターの資格を持っているという女性が協力をしてくれました。学校の先生たちの協力もあり、安全に楽しく活動できました。体の下を小魚の群れが進む様子を見たり、フレリトゲアメフラシやマツダイ、ビッチャなどいろい ろな生き物も見つかりました。

   

 

suzuki * 亀の子クラブ * 20:12 * comments(0) * trackbacks(0)

亀の子クラブ No.205

         子どもたちが一生懸命活動してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あー、いたぁ!」「あ、あそこ!」

波の上にスイと背中だけ出すスナメリ発見し、歓声が上がります。今回は、午前の部も午後の部も何度もスナメリの姿を見ることができました。

 

 

 

 

suzuki * 亀の子クラブ * 10:48 * comments(0) * trackbacks(0)

亀の子クラブNo.204

  

       

   

6月2日(土)参加者15人クリーンアップ活動とタッチングプールを体験してももらいました。ゴミの量に驚き、魚のおいしさに喜びの1日でした

suzuki * 亀の子クラブ * 14:36 * comments(0) * trackbacks(0)

亀の子クラブ No.203


三菱重工業株式会社 民間機セグメント民間機事業部 複合材主翼工作部 主翼コンポジット課のみなさんが家族連れで69名参加してくれました。

 バスが到着前に車での参加者のみなさんが続々と現地に来ました。中には、名古屋から自転車で100Km以上走ってきたという人がいました。

バスで来たみなさんが少し遅れたので、40分ほどの活動でしたが、非常に積極的に活動をしてくれました。

午後は、「海水からの塩づくり体験」ということで、休暇村伊良湖のキャンプ場を借りて、飯盒でご飯を炊き、BBQをしながら塩づくりをしました。

鍋に入れて海水が少しずつ白く、塩になっていく様子を楽しみながら活動できました。「塩づくりの会だから、出来上がった塩を舐めてみてください」との誘いに、恐る恐るなめてみた参加者のみなさんは「あ、辛い、でも、美味い」とミネラルたっぷりの塩を味わっていました。海水を持って帰った人たちは上手に塩ができたかなぁ。

5月20日の活動

参加者は19人でした。浜には砂を巻き込んだ波の花がドロドロになって帯状に集まっていました。その泥の中からごみを拾い集めました。錆びた鎖もありました。

 

雨の中での磯の観察会

5月13日雨でした。講師を呼んでいることもあって実施しました。申し込んでいた参加者は,なんとみんな来てくれました。活動が始まると、雨など全く気に留めることのない様子で磯の生き物を探すのに夢中になりました。例年になく、お父さんの参加が多く、とても積極的な動きがみられました。

 来年もぜひ参加してほしいと思います。

suzuki * 亀の子クラブ * 13:40 * comments(0) * trackbacks(0)

亀の子クラブ No.202

前日の夕方からの雨。夜中には激しい雨になりました。天気予報を何度も見て、ネットで雲の動きも何度も確認し、活動時間前から、厚い雨雲は渥美半島を避けて動いているように見えました。

 事務局が家を出るころ、田原は降っていませんでした。しかし、赤羽根の事務所に向かうと、途中で振り出し、結構な雨の降り方になりました。それでも、と期待をし、西の浜に向かいましたが、雨は上がらず。9時過ぎは(できるところには)中止の連絡をしました。

  9時半ごろになると、いったん雨は小康状態になりましたが、10時過ぎにはまた降ってきました。もしかして誰か来るかもと、15分ほど待ちましたが、雨は上がりません。中止にして正解だったようです。目の前の島は雨が上がっているように見えるので、残念な思いをもちながら西の浜を風車の方に向かいました。島の建物や、衣浦湾の入り口の発電所の姿もはっきり見ることができました。

車を降り、浜を見ました。すると、なんと堤防のすぐ下に、家庭用洗剤などのボトルの山がありました。完全な不法投棄です。いまだに、こんなことをする人がいると思うと哀しくなります。

人の心がよくならない限り、海はきれいになりません。どうすれば『きれいな海を守りたい』という思いを共有してもらえるのか。

suzuki * 亀の子クラブ * 12:52 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ