<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

3/24 No.201 亀の子クラブ

    先月とは打って変わって暖かい日となりました。小学校の卒業式直前ということもあり各地で子ども会があったり、地域の行事があったりして参加者は極めて少なくなりました。10人のうち3人は市外の人です。隊員は2組。

 下の写真の隊員は、7袋集めたそうです。頑張ってくれました。冷蔵庫の扉部分を見つけたのも隊員でした。活   動場所には、いつものようにゴミがたくさんありましたが、そこにはウミガメの 甲羅もありました。

 岩の間にはミドリガメが挟まって死んでいました。砂浜に埋めました。ゴミと一緒に海の環境を考えることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

suzuki * 亀の子クラブ * 20:44 * comments(0) * trackbacks(0)

No.200 亀の子クラブ

   気温3度。そして海を渡ってくる冷たい風。体感は氷点下。カメラを持つ手が凍りそうでした。参加者はドリームの1年生と午後からの学ぶ会に参加する予定の人たち。そして隊員と親亀さん。そこに、先月、参加してくれた章南中学校の生徒がお母さんと共に来てくれました。

人数は少なかったですが、範囲を広げて活動をしてもらいました。ゴミは多く、ひとり約5Kgも拾う結果となりました。

        

suzuki * 亀の子クラブ * 21:37 * comments(0) * trackbacks(0)

No.199 亀の子クラブ

                この季節は海を渡る風が強くなり、海が荒れます。これまで海に浮いていたり、沈んでいたりしていたゴミが西の浜に打ち寄せられます。

  まず、目に入ったのは、後部に電気コードを付けたクーラーボックスのような箱。小型冷蔵庫でしょうか?中には砂がたまっていました。

 破損したプラスチックの部品、バケツ、スプレー缶、洗剤容器、浮き玉、まくら、ロープ、漁網などなど。漁網は埋まっていて引っ張り出せませんでした。

 ゴミを子どもたちは集めて回ります。今年入隊した1年生も活動に慣れ、親から離れて主体的に活動できるようになっています。

         

  うれしいことですね。豊橋章南中学校の生徒3人が参加してくれました。田原市社会福祉協議会に問い合わせをして紹介してもらったということです。浜に打ち上げられたゴミの多さに驚き、一生懸命活動をしてくれました。また、西尾市のダイビングショップに勤めているという男性も豊橋河川事務所に教えてもらったということで、参加してくれました。西尾市から流れてくるゴミのことや出身地という清須市のゴミのことを聞いて驚き、これからもつながっていきたいと言ってくれたことは嬉しい。

suzuki * 亀の子クラブ * 21:19 * comments(0) * trackbacks(0)

亀の子クラブ No.198

   今回も海を渡たい風の中での活動でした。活動場所の浜は、川から流れ出た葦が驚くほど打ち上げられていました。

もちろん人工物のゴミはいつものように多く、流木やアシまで片づける余裕はありません。夏までここにあれば、  燃やすこともできますが、さて、この冬の大潮では簡単に波が来ますが。ゴミの中には、「幡豆港」と書かれたオレンジの浮き輪もあり ました。大きな浮き球がいくつもありました。ボールも10個以上。カラーコーン。などなど、この季節はゴミが多くなります。

12月9日(土) 今回は久しぶりに南知多ビーチランドに行きました。参加者は26人。到着するとすぐにバックヤード見学に。大水槽の上からマイワシにエサやりをし、ウミガメの赤ちゃんに触れる体験です。子亀たちを持ち上げる時には、少し緊張気味です。

 イルカショーやアシカショーも見ました。大水槽では変化する光の中で動くマイワシの大群。流星群というパフォーマンスも素晴らしい。その大水槽にいるスナメリはもう長くいるそうです。年のせいか、くちばしやヒレに白い付着物がありました。

 日常では見ることも触れることもできない海の生き物を見て、触れて、感じた一日でした。参加した子供たちは何を感じてくれたのでしょう。

 

suzuki * 亀の子クラブ * 14:35 * comments(0) * trackbacks(0)

亀の子クラブ No.197

中部実業団リレーの日。1区の選手は西の浜の冷い風を受けながら駆け 抜けていきました。 

 

 

  本当に11月とは思えない冷たい風でした。それでも活動が始まり、陽がしっかりさしてくると幾分か冷たさも

弱まりました。

  久しぶりに福江中学校ドリームの会からの参加が ありました。テスト週間に入る直前です。テストも頑張ってくれるかな。そして、豊橋みなと塾からの参加もありました。毎年参加してくれることに感謝です。

 浜は強風で飛ばされたゴミはほとんどが階段堤防の植栽の中にありました。目立ったのは、発泡スチロールです。細かくちぎれた発砲が一か所にまとまってありました。小さなゴミを拾い集めるのは大変ですが、活動終了までにはほとんどがきれいになくなりました。

 また、西尾市吉良町の道路工事看板がありました。錆びついた小型冷蔵庫の箱の部分もありました。ペットボトルや家庭ゴミに加えて、木製トロ箱や浮きなど漁業関係のゴミも多くありました。

9組26人の親子みなさんが参加してくれました。まずは生の海水を舐め、その辛さにびっくりしたところから活動開始です。飯盒でご飯を炊き、休暇村のBBQ食材を焼きながら「塩」を作ります。海水を煮立てて取り出した塩の辛さは、ミネラルたっぷりのおいしい辛さです。本物の塩です。参加者のみなさんの「おおお〜」という表情が楽しいですね。

suzuki * 亀の子クラブ * 19:34 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ