<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2017年5月7日 なごや環境大学共育講座 の活動 | main | 亀の子クラブ NO.191 >>

2017年5月21日の西の浜クリーンアップ活動

5月21日(日)   西の浜クリーンアップ活動。通算239回目。予定をしていた福江中学校ドリームの会は、 担当の先生が変わった ということで、参加募集が遅れ、参加はゼロ。この数年、多くの生徒が5月は参加してくれていたので、ちょっと残念。今年、1年間の参加を期待しよう。

 また、いつも道具を運んでもらう事務局の一人が、消防団の練習が予定よりも急きょ早い時間となり、道具と旗が届かないというハプニングがあった。袋は、共育講座=磯遊びの時に受け取っていたので、なんとかなった。

 浜は、そんなに多くのゴミは無かったが、堤防の階段状のところが切れ、吹き溜まりのようになっているところに

多くのペットボトルがかたまっていた。活動のはじめに、その場所を片付けてもらい、そこから浜に広がって活動をすすめてもらった。

  以前に見つけたスナメリ2頭はすっかり骨になっていた。今回は、スコップがなく、隊員たちが浜に落ちていた竹やプラスチックの容器を使って穴を掘り、埋めてくれた。

 途中、子どもたちが、波打ち際のテトラポットの近くに不思議な物体を見つけた。見に行くと、そこには、大きなナマコのようなものがいくつかふわふわ浮いていた。よく見ると触角のようなものがあり、ウミウシだろうと思われる。近くにあった黄色いものも海綿状で、何かのカイメンだろうと思われた。

  自宅に戻り、Facebook でつながっている海の仲間たちに写真を送り聞くと、ウミウシだと思われたものはアメフラシ、そして海綿状のものはアメフラシの卵でウミソウメということを教えてもらった。テトラにはイソギンチャクもついていたが、アメフラシも今まであまり見かけたことがない。

 今日のようなことがあると、改めて生物多様性とか生態系ということを意識する。活動は、クリーンアップでゴミを見るわけだが、ちょっと視点を変えれば、浜にあるさまざまな貝殻もふくめ、海の生き物を学ぶこともできる。

 

ゴミの総重量   60Kg

参加者数      31人

亀の子隊員・親亀・賛助隊員 15人

キャップの数   645個

 

 

suzuki * クリーンアップ活動 * 21:16 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ