<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2017年11月19日の西の浜クリーンアップ活動+海の環境を学ぶ会〜「塩づくりの会」 | main | 亀の子クラブ No.196 >>

2017年11月26日 愛知 海ゴミ減らそうプロジェクト の活動

11月25日(土)~26日(日) 海ゴミ減らそうフォーラム&プロジェクト

  愛知県が真剣に海ゴミに目を向け始めた。25日は岡崎市役所でフォーラムが開催された。環境省、国交省愛知県、そしてNPO代表としてJEANの小島さん、答志島奈佐の浜プロジェクトの森さんなどのプレゼンのあと、グループごとに海ゴミを減らすための方策について話し合い提案という形で発表をするという流れでフォーラムは終わった。

  折角愛知県で開催された海ゴミを対象にしたフォーラムなのに、一参加者としての参加で亀の子隊の活動を通してみてきた愛知県の海の現状を伝える機会がなかったことは残念である。

 26日は岡崎イオンモールでのイベントにブースを出展した。と言っても、お客さんを引き寄せるためのお面づく  りが主となり、海の現状を伝えるためのパネルを多く展示することはできなかった。

  5枚ほど展示したパネルは、地図とスナメリの死体の写真を貼ったパネルを2枚、名前がついたゴミのパネル

を2枚。ブースの横を通る人の目を引くのは、やはりスナメリの死体の写真。瞬間立ち止まった人に声をかけ、地図やごみの写真も見てもらいながら説明をした。10~12人ほどの人と話をした気がする。

  お面づくりには、18人ほどの子どもがお父さんお母さんと一緒に参加してくれた。同時に3組はできる場を設定したが、大体2組だったために人数はいまいちだった。 途中、一階のイベントスペースのステージに上がる時間があった。ハッシュタグというグループと一緒に上がり、浜の現状を彼らに伝えながら、「川や海にゴミを捨てない」、『きれいな海を守ること』の大切さについて話をすることができた。

  大村知事のブース訪問もあった。これまで会った時よりもゆったりした感じでお面を手に取りかぶっておどけたり、パネルの写真を見ながら話をすることができた。

 愛知県が渥美半島に目を向け、亀の子隊の活動に関心をもってもらうことが、伊勢湾流域圏の最下流に位置する渥美半島に流れ寄るゴミをなくす基になるだろう。

 

 

 

 

suzuki * クリーンアップ活動 * 11:37 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ