<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 亀の子クラブ No.205 | main | 亀の子クラブNo.206 >>

2018年7月1日 なごや環境大学共育講座の活動

7月1日    なごや環境大学「共育講座」2回目。1回目と比べて参加者が集まらず、急きょFacebookで募集をしたところ、地元からの参加があり、10人となった。共育大学経由での申し込みは2組4人。人数が少なく少し、残念だったが、その中には中部環境事務所に所属するアクティブレンジャーの2人がいた。あとは名古屋芸大デザイン科の2人。大学生たちが電車一本遅れてきたために焦ったがそのまま15分遅れの形で活動場所に移動。

 1回目と同じように、亀の子隊の活動紹介をし、汽水域となっている磯の特徴を説明した後、活動に入った。さす がにアクティブレンジャーの二人は慣れているのか、場所を決めると、30分も経たないうちに、いくつかの生き物を採取。見ると、先回中学生が見つけたアユカケのような魚や、ウナギの稚魚のような魚と一緒に、オレンジ色をしたウミウシのような生き物や片方のハサミが大きな茶色っぽいカニもいた。

  大学生は、一瞬見ると、クモのような形の小さなカニを見つけていた。5个曚匹靴ない。慣れてきたのか、タイドプールに入って小魚を網ですくっていた。

 地元の子どもたちは、海に入り、マリンスコープを使って海中を覗きこんだ瞬間に「わぁ、きれい」と声を上げ、ずーっと覗いていた。参加者は全く飽きる様子がなく、磯を楽しんでいたが1時間ちょっとで観察は終了。最後はいつものように、透明容器を簡易水族館にして、みんなが採取した生き物を入れて観察をした。初めに拳ふたつ分くらいの石を入れておいたことで、カニたちはすぐさまその石の下に潜り込んでいった。石をどかすと、隠れ場を探して動き出した。そんな様子を見ながら、感想を聞くと、「すごい楽しかった。」「もっ とやっていたかった。」と。取材のために 来ていたライターさんは「これいいですよ。絶対人気になりますよ。もう一回すぐ来たい。」と言ってくれた。

 潮の干満に影響される活動、それも、現状、土日しかできないために、実施日がかなり限定されるがいろいろ工夫して進めたい。

suzuki * クリーンアップ活動 * 11:29 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ