<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 亀の子クラブNo.206 | main | 2018年7月16日 海の日 西の浜クリーンアップ活動 >>

2018年7月8日の西の浜クリーンアップ活動〜トヨタ紡織特別活動

7月7日(土)    トヨタ自動車田原工場参加の西の浜クリーンアップ活動特別活動だったが、西日本で大雨を降らせている前線の動きがわからず、5日の時点で中止を決定。

7月8日(日)    トヨタ紡織参加の西の浜クリーンアップ活動特別活動。258回目となった。

 前日までの雲の動きが少し北東に進む様子が見られたことで前日の午後実施を決定。しかしながら、夜中には激しい雨となり、渥美清掃センターの方から、心配の電話が入るくらい、8時ごろには渥美の方でも激しい雨が降ったようだ。

  心配をしたが、活動開始時間が近づくにつれて雲は無くなり、日差しが強くなった。紡織さんは、家族連れでの  参加者が多く、浜のあちらこちらで子どもがゴミを拾い親が袋をもって入れていくという姿が見られた。子どもたちが一生懸命ゴミを拾ってくれる姿は、本当にうれしい。ゴミになっていたコンテナにゴミを入れて運んでいる親子や、カラフルな筒を一緒に運んでくれる親子もいた。

 子どもたちは親に言われなくても主低的に動いている。たくさんのゴミを見たら、自然とそうなるのだろう。 小さなゴミが多く、参加者は大変だったと思うが、活動終了後は浜から人工物の色が消えていた。

  ゴミの中には、瑞穂おしぼりと書かれたコンテナがあった。調べると、名古屋の中川区にある会社だった。近くには、中川運河が流れている。どんなタイミングで流されたのだろうか。また、ドラエモンの人形もあった。時々人形もあるが、ゴミとして捨てられたのか、どこかで落としたのか、どちらにしろ海を渡って西の浜まで来てゴミとなる。ドラエモンのポケットで何とかならないかなぁ。

 なんだかわからないものもある。今回の何かに使うものだろうが、その正体は不明。ただ、錆がひどく、長い間海にあったのだろうという想像は付く。船で使っていたものだろうか。

 活動終了後は、参加者で運搬用トラックまで運んでもらうのだが、実に協力的で亀の子隊の旗なども何も言わなくても運んでくれた。もう何回も来てくれているのだろう。感謝である。

ゴミの総重量  490K

参加者数     213人

亀の子隊員・親亀・賛助隊員

          2人

       キャップの数 738個

suzuki * クリーンアップ活動 * 17:26 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ