<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2018年12月8日 水族館見学会の活動 | main | 亀の子クラブNo.210 >>

2018年12月16日の西の浜クリーンアップ活動

12月16日(日)  264回目の西の浜クリーンアップ活動。例年だと強い風が吹き、活動は大変な時期だ が、この日はとても穏やかな風が冷たいながらも活動しやすい日となった。

今回の活動にはドリームから14人が参加してくれた。3年生が多い。もっと動いてほしいなぁと思うこともあるが、参加して、浜の現状を見ることが将来、ものの考え方に良い影響を与えてくれるだろう。

 浜は、11月に活動したところから150Mほど伊良湖の方に行った辺り。11月の活動の時に、スナメリを見

つけたところも範囲に入る。そのスナメリは、波打ち際にあったこともあり、今回浜で見つけることはなかった。

  ゴミと流木は多く、ため息が出る。浜を歩くと、「桑名市」と書かれた紫色のゴミ袋を見つけた。他にも「コノミヤ」と書かれたレジ袋もあった。調べてみると、東海地方にもいくつも店があり、どこから出てきたのかはわからない。少なくとも店舗がない東三河ではない 大きなコンテナやタンク、苗用のポットを入れるカゴ、肥料のビニル袋、大きなプチプチのビニルなどがあった。

  そんな中には、「愛知県」と書かれただけの使い捨てライター、表には葵の紋章がデザインされた「岡崎おでかけナビ」というポケットティッシュもあった。注射器もあった。当然のようにペットボトルは多いし、家庭ゴミが多い。浣腸もあった。何の部品かわからないものもある。激しく錆びたホイルもあった。

 台風の後、想定通り上流域からのゴミが流れてきていることがわかる。それも、伊勢湾だけではなく三河湾から

もある。名前がついていないゴミはほとんどがこうした上流域のものだろう。

 大きな漁網が砂に埋まっていたので、中学生、それも3年生に頼んで引っ張り抜いてもらおうとしたが、結構深く入り込んでいてなかなか抜くことができず、最後は残念だったがハサミで切ってしまった。男子が真剣に引っ張ってくれれば抜けただろうに、、、、残念。

 年中の子どもたちは「貝殻拾い」に夢中で小さなバケツ一杯集めて喜んでいた。

 活動が終わって、浜を見ると、人工物の色は無くなっていた。流木はいつ片づけられるのだろうか。

 

 ゴミの総重量  180K

参加者数     30人

亀の子隊員・親亀・賛助隊員

          12人

キャップの数   290個

 

 

 

suzuki * クリーンアップ活動 * 20:11 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ