<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2019年6月1日 海ゴミゼロウィークの活動 | main |

2019年6月9日 西の浜クリーンアップ活動〜トヨタ紡織特別活動

6月9日(日)    西の浜クリーンアップ活動〜トヨタ紡織参加特別活動。通算271回目のクリーンアップ活  動。今回は、2006年(平成18年)から参加してくれているトヨタ紡織さん参加の特別活動である。手紙作戦で送った手紙から今日までつながっている。

梅雨に入るころの特徴だろうか、1週間ほど前から急激な気候変化である。前日の夜から降り始めた雨が止むことなく、朝もしっかり降っていた。

 紡織の刈谷本社担当者から電話があった6時50分頃も雨はひどく、相談して中止とした。ところが、数分後、基本的な参加者となる豊橋工場の方が少々の雨ならやりたい、ということだがどうだという電話が入った。毎年来てくれていて雨でも大勢参加するという思いに、「やりましょう」ということになった。

9時過ぎに活動場所に着いたが、雨はしっかり降っていた。次々と参加者がやってくる。9時半ころには、雲が流 れ、少 し雨が止みかけたが、結果、活動終了間際まで降っていた。
2週間ほど前、職層会の代表の人から何か寄贈したいという申し出があった。ちょうど、スコップがなくなったり、旗が古くなったりしていたので、それをお願いした。今日は、アルミスコップを4本持ってきてくれて、贈呈式というほどでもないが、開会の時に隊員に渡してくれた。

  活動場所とした浜は、昨年来かかわっていないところ。この間に台風が来て浜には、想定以上のたくさんのゴミがあった。堤防の上から見ても一目である。

大きなタイヤが数本、コンテナの壊れたもの、さまざまなプラスチック部品、ペットボトルをはじめ様々な容器、いろいろなものがある中に「豊川 シロキ」と書かれた青いコンテナだったり、洗濯槽の中身があったりした。

 紡織さんの参加者は家族連れで参加してくれる人が多い。一緒に来た子供たちも一生懸命活動をしてくれる。親子 で活動してくれている姿は、見ていてとても暖かい。そんな子供たちに、浜で見つけた生き物を紹介した。ウミゾウメン、イカの卵、イカの骨 子どもたちだけでなく親も一緒に驚いていた。

終了後の浜、見事に人工物の色が消えていた。大勢の人の力を今回も感じることができた。参加者のみなさんも活  動終了後の浜の様子を見て、達成感を感じてくれただろうか。こうして人工物がなくなった浜も半年もしないうちにゴミで埋まることになる。そんな繰り返しだが、放っておいたらゴミは海に戻り生き物たちにとっては、危険な海になってしまう。

  繰り返し、繰り返しの活動だが、大勢の人の協力を得て続けていくべき活動であると思っている。今日も参加者に感謝である。

ゴミの総重量 700Kg

参加者数   205人 うち:紡織191人(社員92人、家族99人)

亀の子隊員・親亀・賛助隊員

         10人

        キャップの数  437個

 

 

 

 

 

 

suzuki * クリーンアップ活動 * 16:17 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ