<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2019年8月18日 西の浜クリーンアップ活動 | main | 亀の子クラブ No.217 >>

2019年8月18日 なごや環境大学共育講座の活動

8月18日(日)  クリーンアップ活動をした後は、なごや環境大学共育講座の磯遊びの会だった。12:00集合ということで、西の浜の活動が終わってから急いで田原駅に向かった。何とか、10分前には駅に着き、参加者を迎えることができた。

 宇津江の磯に移動しケガをしないための注意や生き物の見つけ方などの話をして、活動開始。お母さんと3年生の親子での参加者に、イソギンチャクを触ってもらった。恐る恐るさわるってぐっと押し込むと、水を吹きだす。「キャ、」と驚きの声が上がる。それでも慣れてくると、タイドプールの中で開いているイソギンチャク にも指を突っ込んで、その感触を楽しんでいた。

   暑さのせいか、小魚の姿がなかった。それでも、砂利の中に潜んでいた黒く小さいイソミミズハゼをみつけて、つかまえるのに悪戦苦闘したり、慎重に透明で小さなイソエビを網ですくったりしていた。年長の男の子は動石を動かしてカニを見つけ、怖がることなく次々と使えていく。

  最後に、みんなで集まって「水族館」を作ったときに、入れられたのは、「クモヒトデ」。それも、今まで見つかったものとは違い、少し赤っぽい。

7月の活動の時には、イシガニがたくさん見つかったが、今回は1匹だけだった。アンケートには、もっとたくさんの生き物に触れたかったという記述もあったが、季節によって見つかる生き物は違うし、既成の水族館とは違うので自分で見つけなければ生き物には会えない。それが自然ということも理解してほしいと思う。

 熱さで、途中から日陰に休む参加者もいたが、1時間ちょっとの活動時間をしっかり楽しんでくれたようである。愛産大三河高校放送部のメンバーも西の浜の取材の後、参加し、ビデオを撮っていた。これも、放送コンクールの材料になるらしい。

今年の共育講座は、2回とも25人を超えた。車での参加者もそれぞれ数組あった。来年はバスを用意すべきか考えたい。

 終了後は、渥美半島を感じることができる場所ということで、赤羽根のロコパークに案内した。三河湾と太平洋、どんな風に感じただろう。

 

 

 

 

 

 

suzuki * クリーンアップ活動 * 15:54 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ