<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 亀の子クラブ No.218 | main | 亀の子クラブ No.219 >>

2019年9月7日の西の浜クリーンアップ活動

9月7日(土)    西の浜クリーンアップ活動〜通算275回目。今回はトヨタ自動車田原工場のみなさんが大 勢参加してくれる日である。トヨタさん参加の活動は昨年7月、9月、今年7月と続けて雨天中止となった。昨年から、この9月の活動は、「World Clean Up Day」として取り組んでいるが、台風の影響を受けることなく、快晴の中で実施することができた。

翌日が伊良湖トライアスロンである。4年前からこの日に9月の活動を設定し、大勢参加するトヨタさんからも、部の人たちにトライアスロン会場に行ってもらい、スイムの会場となる海水浴場のクリーンアップ・整備をやってもらっている。

 西の浜の活動場所は、久しぶりに活動する場所である。大勢来てくれるトヨタさんのような企業さん用にあえて触れずに来たところでもある。

 波打ち際から植物のところまでのゴミは、春から続く東南の風によって植物に近いところに寄っているものだけ  ったが、一歩あがって植物の上の方にも、冬場の風で飛ばされた多くのゴミがあった。20Mほどある奥にある堤防の際まで飛ばされていた。

 例年、トヨタさんはボランティアリーダーのチームの準備がすごく、感心させられる。受付や浜での整列位置、交通整理までやっている。

 参加者は、受付でカードをパソコンにかざしてチェックしてもらい参加証明をするようだ。なるほどである。

 丁寧さゆえに、説明も長く、亀の子隊の説明とかぶるところもあり、10分以上開会で要してしまった。活動時間が短くなったこともあり、通常では写真を撮りながら移動していくだけだが、ゴミを残したくないという思いがあって、ゴミのある場所に移動してもらうように声をかけてまわった。しかし、反応が悪く、移動してきてくれる人がほとんどいなかった。 

 数人で固まって話をしているグループがいくつもあったり、ほとんど何も入っていない袋をもって歩いているだ  だったりする様子を見て、長くやる価値はないと判断し、通常なら40分くらいは活動する時間を20分弱できることにした。

 結果的かもわからないが、活動範囲を示した旗を越えて活動を進める人の姿はなかった。参加人数に合わせて活動範囲をあらかじめ決めて左右に旗を立てるが、たいていはゴミにつられて移動していくために、旗を越えていくことがほとんどだっただけに、今回は、残念感が残った。

  来年も続けて一緒にとボランティア担当者から声をかけてもらっている。もちろんそのつもりだが、もう少し、単純にできないか相談したいと思う。

 

 

ゴミの総重量  450Kg

参加者数      339人

亀の子隊員・親亀・賛助隊員17人

キャップの数 1382 個(8月と合わせて)

suzuki * クリーンアップ活動 * 14:50 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ