<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 11月2日 水族館見学会の活動 | main | 11月17日の西の浜クリーンアップ活動 >>

2019年11月7日 インフラメンテナンス大賞の活動

11月7日(木)    国土交通省が主体となり、総務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・防衛省が連携 して、日本国内の社会資本のメンテナンス(以下「インフラメンテナンス」という。)に係る優れた取組や技術開発を表彰し、好事例として広く紹介することにより、我が国のインフラメン テナンスに関わる事業者、団体、研究者等の取組を促進し、メンテナンス産業の活性化を図るとともに、インフラメンテナンスの理念の普及を図ることを目的として実施されているものです。

第3回目となる今回は、平成30年10月15日に募集を開始し、同年12月14日までに255件の応募が り、有識者による選考委員会(委員長:山極壽一日本学術会議会長/京都大学総長)の審査を経て、計32件の受賞となりました。

 亀の子隊は、農林水産省関係で、メンテナンスを支える活動部門の優秀賞を受賞しました。田原市維持管理課から紹介されて応募したものです。当初の予定は、 平成31年5月受賞者決定、平成31年夏表彰式 となっていたので、6月になっても何も通知がないことから忘れていました。

  それが、8月になって数回、農水省の担当者から電話があり、9月にはメールで優秀賞受賞の通知が届きました。 一昨年の環境省の表彰に続く国の表彰です。それも今回は、市や県が推薦した誰かが順番にもらえるものではなく、審査があるアワードでの受賞です。非常にうれしいことです。隊員・親亀隊員・賛助隊員のみんなで喜びたいと思います。

 受賞理由として、西の浜クリーンアップ活動は平成10年から継続的に行っていること。保育園児から高齢者まで幅広い層が参加していること。また、活動と合わせて体験的環境学習として、海の大切さや海の生き物等の様子に対する意識を高める機会も用意されていること。継続的な活動実績などが評価されたようです。

  受賞団体はほとんどが企業の開発活用チーム。また行政機関。単純な市民活動団体は亀の子隊だけでした。会場には、企業のみなさんが大勢出席していました。市民活動団体が集まる賞とは全く違う雰囲気でした。予想以上に大きな賞なんだと改めて感じました。

 『きれいな海を守りたい』という亀の子隊の思いが、また、一つ広がった気がします。

suzuki * クリーンアップ活動 * 20:16 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ