<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2019年11月7日 インフラメンテナンス大賞の活動 | main | 11月23日(土)  エコアクション in 愛知の活動 >>

11月17日の西の浜クリーンアップ活動

11月17日(日)   西の浜クリーンアップ活動〜通算278回目。台風後、3回目の活動。10月13に活動し たところから、南に300Mほど行った辺りが今回の活動場所となった。

 波打ち際には、小さな鳥がエサをついばんでいた。近づくと、飛んでいくのではなく、ちょこちょこと移動していき、また、エサをついばむ。よほど、いいエサがあるのだろう。

 浜には一昨年の台風で流されてきた大きな流木が、今回の台風でまた移動し、浜にあった。その流木だけではな

  く浜には、今回の台風で流されてきた流木とともにたくさんのゴミがあった。流木の中に紛れ込んでいるものが多く、なかなか作業ははかどらない。面倒な作業に隊員のなかには、ついフラフラと大きなゴミを求めて浜を移動してしまう隊員もいた。それでも親亀さんの傍で、頑張ってくれる隊員の姿もあった。

  堤防の上に飛ばされているゴミも多く、ドリームの女子2人に、そのゴミの収集を依頼した。道路と堤防の間の植栽の中にあったゴミも引きずり出して集めてくれていた。まだ、開けられていない缶飲料や注射器もあった。近くには、農業用のビニルも捨てられていた。こうしたゴミの多くは、流されてきたものではなく意図的に捨てられたものである。

 残念だが、無造作に捨てられたものが、その後どうなるのかということを想像できない人がまだまだ多いという

 ことなのだろう。

活動終了後、焼かれたカメがあったと親亀さんが持ってきた。確かに手足や頭が黒焦げになっていた。釣り人が流

木を燃やした時に、偶然そこに亀がいたか、意図的に火の中に入れたのかわからないが哀しい姿であることは間違

いない。

   今回、遠く、海部郡の人が名古屋市の人と一緒に参加してくれた。風の強さとゴミの量に驚いていた。また、三好市からもトヨタ本社の社員という人が子供を連れて参加してくれた。亀の子隊のHPを見たということのようだ

が、どうやって亀の子隊までたどり着いたのか、聞けばよかった。

 広報活動には限界があり、いろいろな団体や機関とつながって、亀の子隊の活動を紹介してもらっている。こう

した人が増えてくるといいなぁと思う。

 

ゴミの総重量  170Kg

参加者数      35人

亀の子隊員・親亀・賛助隊員  

22人

キャップの数   285個

 

suzuki * クリーンアップ活動 * 17:51 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ