<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 亀の子クラブ No.220 | main | 「あいち・なごや生物多様性EXPO 生物多様性交流ひろば」の活動 >>

亀の子クラブ No.221

   

 

 17日の活動は、海を渡る風も強く寒い日となりました。先月の13日に活動をしたところから南に300Mほど行った辺りです。もちろん、流木、ゴミは目を見張るほどです。

大きなゴミはありませんが、たくさんのペットボトル、プラスチック片がいっぱいでした。

  この日は、名古屋市と海部郡から亀の子隊のホームページを見たということで来てくれた女性たちがいたり、三好市からトヨタ本社の社員で仲間と一緒に海ゴミを何とかしたいと活動を始めているという人がいたりしました。うれしいことです。ドリームからも6人が参加してくれて、何とか活動できました。ゴミの量からすれば、あと20人位いれば、もうすこし広い範囲で細かくきれいにすることができたのになぁ、とい う感じです。

 24日のエコツアーには9人が参加してくれました。ゴミの量に驚いていました。わずか30分ちょっとの活動となりましたが、ひとり6Kg超のゴミを集めたということになります。 

 答志島で活動をしている学生もいて、いろいろ感じてくれたようです。

 

  昨年12月、田原市維持管理課から紹介され、応募をしました。 インフラという分野と亀の子隊がどうつながるのか考えたところ、浜をきれいにする活動は、浜を大切にすることになり、それは、よりよい浜を維持していくことにつながるということでメンテナンスを支える活動としての表彰です。みなさんの支援があって長く続けてきたことが評価されました。大勢のみなさんに感謝です。

suzuki * 亀の子クラブ * 20:04 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ