<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2020年2月27日 SDGsあいち シンポジウムの活動 | main | 亀の子クラブ No.223 >>

亀の子クラブ No.222

気温8度。冷たい北西の強い風が体感温度を下げます。活動場所となった浜は、5月以来です。10月の台風の後も来ることはできず、たくさんのゴミが打ち上げられていました。

目に付いたのは、波打ち際にあった大きな網。引っ張り上げようとしましたが、中にはたくさんの砂利がびっしり詰まっていてびくとも動きません。また、浜崖のすぐ下にも、かなり深く埋まっているのか引っ張ても、やはりび  くともしない網が埋まっていました。

 さらに、波打ち際から数メートルのところに埋まっていたの は、鉄材と一緒になっている網でした。どれも処理できず、残念でした。

 今回目立ったのはガラス瓶です。ペットボトルと違って海に浮かない瓶は、海底に沈んでいます。それが、海が  荒れ、海底から浮き上がり、浜へ打ち上げらるのでしょう。いったん上がってしまえば、波の力で浜の奥の方へ飛ばされます。

  錆びた子供用の自転車もありました。いつから海にあったのか、いつ浜に打ち上げられたのか。こうした漂着物を見ると、海の中を想像し、残念な思いになります。意図的に捨てられたものは少ないと信じますが、大雨があっても台風があっても、もっと注意して、海や川に流れ出ないようにしてもらえば、海ゴミは減るだろうなぁと思います。

  何といっても、この季節、海は荒れ、たくさんのゴミを吐き出します。海がきれいになろうとする季節です。この季節だからこそ、大勢の人に海がきれいになることに力を貸してほしいと思います。隊員の子どもたちも楽しく活動しています。

suzuki * 亀の子クラブ * 11:37 * comments(0) * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ