<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2019年度の活動のまとめ | main | 2020年4月19日の西の浜クリーンアップ活動 >>

亀の子クラブNo.225

    少し冷たい風が吹く中での活動でした。世間は、新型コロナウイルスの感染が広がり、イベント中止となっていましたが、外での活動、海辺で風がある、密集しない、大声で向き合って話をすることもない、ということでHPにも実施を宣言。

豊川市、岩倉市、そして、いなべ市からの参加者がいて、亀の子隊の思いの広がりを感じました。岩倉の人は1月  の活動から参加してくれています。

活動場所は、2月に予定していたところで、1か月過ぎ、ゴミは確実に増えていました。秋から冬の季節は、北西の季節風が強く吹きます。堤防道路にも砂が吹き上げられて積もるほどです。いつの間にか海に出て、海上や海中を漂っていたものが、風によって荒れた海の波に乗って西の浜に打ち寄せられます。それらのゴミの中には、街中 で捨てられたものがあります。川に捨てたものもあるでしょう。海に直接捨てたものは、どれだけあるのでしょう。まして、浜に捨てていくものは1割もないと思います。浜のゴミをなくすには、浜で拾っているだけではだめだということをより多くの人に認識してもらいたいと思います。

さらに、驚いたのは、先回紹介したものとは違うスナメリの死体が3頭もあったことです。一頭はまだ、打ちあ   がって間のないものでした。また、得体のしれない生き物の死体や小さなウミガメの死体もありました。いろいろな意味で海が心配になりました。

 参加者は、クリーンアップ活動の時にこうした生き物に出会い、隊員の子どもたちは、「生物多様性」や「生態系」とか「命」を自 ら学びます。その子の年齢に応じて感じ、考えてくれればいいかなぁと思います。

suzuki * 亀の子クラブ * 12:47 * comments(0) * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ