<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2020年4月19日の西の浜クリーンアップ活動 | main | 亀の子クラブ No.226 >>

2020年5月17日の西の浜クリーンアップ活動

5月17日(日)   西の浜クリーンアップ活動。4月の活動が新型コロナウィルス感染拡大防止ということで中  止となり、本年度第1回目の活動となった。通算、284回目。

前日の雨の吹き返しもなく、穏やかな日差しの中での始まりとなったが、活動を始めて30分くらいすると急に風

が強くなり、「西の浜クリーンアップ活動」の横断旗は下げて、冬場の季節風が吹くときのように、浜に寝かせた。

 浜は、いつもあまりたくさんのゴミが寄るところではない。目の前は伊勢湾と三河湾がちょうどぶつかる辺りとなる。浜が削られ、高いところは1m以上の浜崖ができているところもあるが、ここは50cmほどの高さで収まっている。そうはいっても、初めての参加者からすれば、ゴミが多いですね となる。浜から浜崖の上の植物の始まり辺りは、ペットボトルなど、吹き飛ばされたものが多い。基本的に軽いものが波に流され風に飛ばされてくるんだろう。

  そんな浜には一つの看板があった。みると「がまごおり中央クリニック」とある。これがどんな経路でここに来たか調べたいと思う。

 また、大きな緩衝材があった。いわゆるプチプチの大きい版。そこに書かれていたのは、TOYOTA GENIUINE PARTS  トヨタ自動車の純正部品を運ぶときに使われていたものだろう。LEXUSの文字もあった。工場から飛ばされてきたか、船で輸送中に飛ばされたか。縦横2M以上ある大きなものなので、そう簡単には飛ばないと思うけど。

  ガラス瓶も結構たくさんあった。また、参加者が小さなプラに目をつけ拾ってきたが、いわゆるマイクロプラスチックと呼ばれるサイズのプラゴミもはまには多くある。

「コグニサイズ」という看板もあった。調べると、認知症予防運動プログラムということらしい。ということは、この看板は、どこかの病院か、老人施設のものだろう。

   残念なのは、大きなカーペットが堤防からすぐのところに捨てられていたこと。落ちていた場所や汚れ具合から見れば、どう見ても不法投棄。まだ、地元にこうした行為をする人がいる。

  4月から入隊した隊員家族も参加。初めて体験する1年生の子は、貝殻や海の生き物に目がいっていたようだが、低学年はみんなそうである。段々とクリーンアップ活動の力 になってくれればいい。

 60Cmほどの小さなスナメリの骨があった。ミズナギドリの骨もあった。これらは隊員が穴を掘って埋めてくれた。アメフラシの卵の海ゾウメン、イカの骨、クラゲ、様々な貝など、海の命を感じることができるのもこの活動の良いところだ。

 参加者について、規制すべきだったかもしれないが、一般参加者の中に、豊橋市からの人と桑名市の人がいた。愛知県で仕事をしているという桑名の人は、途中、道の駅めっくんハウスから自転車で来たという。23Kmほどある。すごいね、そうして楽しんで参加してくれればいいと思う。ドライブがてら、活動に参加し、終了後は渥美半島を楽しんでくれればいい。

ゴミの総重量   90Kg

参加者数      20人

亀の子隊員・親亀・賛助隊員  16人

       キャップの数  255個

 

 

 

 

suzuki * クリーンアップ活動 * 21:09 * comments(0) * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ