<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2020年5月17日の西の浜クリーンアップ活動 | main | 亀の子クラブ No.227 >>

亀の子クラブ No.226

4月10日愛知県に緊急事態宣言が出されました。渥美半島では感染が確認されていないことから、迷いましたが、早期の終息を願って中止としました。

 前日の激しい雨が上がり、西の浜には吹き返しの風が吹き荒れていました。砂浜に降りると飛んでくる砂が当たり痛いくらいですが、空は晴れ、活動日よりでした。中止の連絡が行き届かない人が来るかもと現場で待っていると、一組の亀の子隊員親子が来ました。ご苦労様でした。親亀さんのラインに入ってもらわなければと思いました。

   浜には、異臭を放ち、骨になったスナメリの死体がありました。1月からこれで5頭目です。これまでのことを考えると驚く数です。海が心配です。

  また、青いコンテナがありました。近づいてよく見ると、「郡上 トマト選果場」とありました。驚きです。郡上市は、木曽三川の下流からかなり遠い内陸にあり、長良川本流からもうんと離れていて、地図を一瞬見ただけでは経路がわかりません。

しかし、よく見ると、郡上市内を流れる吉田川が揖斐川につながっていることがわかりました。調べてみると、岐阜の「JAめぐみの」のHPから「郡上地域地域トマト選果場」を見つけました。画像を送り確かめてもらうと、「平成30年の豪雨の時に流されたものだと思います」という返事が来ました。

 1年半かけて、西の浜にたどり着いたのです。海に出るまでに、どれくらいかかったのでしょう。海に出てからどれくらいかかったのでしょう。コンテナにしてみれば、辛く長い旅だったでしょうね。破損し、流れ着いたところでは「ゴミ」になり、本来の仕事ができずに処分です。

 今回のコンテナの発見は、改めて海と川、街・里山のつながりをはっきりさせることとなりました。『きれいな海を守りたい』という亀の子隊の思いを伝える範囲を広げる必要があります。

suzuki * 亀の子クラブ * 21:19 * comments(0) * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ