<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 亀の子クラブ No.226 | main | 2020・06・06 海の環境を学ぶ会〜スナメリ観察会の活動 >>

亀の子クラブ No.227

5月14日、緊急事態宣言が解除されました。あらためて、SNSで連絡し、活動をしました。参加者は少なめでしたが、か月ぶりに活動できて、海も喜んでくれているかなぁ、と思いました。

 活動終了間近になって、大きなカーペットが見つかりました。堤防のすぐ際にあり、海から飛ばされるには無理があります。どう考えても、不法投棄です。20年、この西の浜で活動をしていてこれまでも何度もこうした陸からの不法投棄のゴミを見てきました。未だに、こうした行為をする人が、地元にいることが残念です。どんな思いで、こうしたことをするのか聞いてみたいですね。

  他には、「がまごおり中央クリニック」と書かれた看板がありました。ネットで調べ、看板が、どんな経路で西の浜に来たのか調べようとしました。しかし、残念ながら、その病院は、院長が問題起こして廃院となっていました。どちらにしろ、これも不法投棄でがないかと思われます。看板を外した業者が知りたいところです。外した後、どう処理をしたのか。

 こんなものもありました。認知症予防のための運動プログラムを示すものです。どこに掲示されていたのか、それらしき施設名はありませんでしたが、普通は正しく処理されているものでしょう。とすれば、これも不法投棄でしょうか。こうしたものは、設置者が不法投棄をするとは思えません。とすれば、やはり、処理業者ということになります。真相を知りたいですね。

 さらに、こんなものもありました。トヨタ自動車の純正部品を包む緩衝材のようです。こうしたものは、しっかり管理されているはずだと思うのですが、どこで、どこから、どういう風に流れ出てしまったのでしょうか?

 亀の子隊は「きれいな海を守りたい」ということで活動をしています。不法投棄は全く許されるものではありませんが、正しくしっかりと処理されれば川や海に流れ出なくて済むゴミもあります。お互いに気を付けたいものです。

suzuki * 亀の子クラブ * 21:29 * comments(0) * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ